アクティビティケアで

介護をうける人もする人も笑顔に

 

わらうかどは、超高齢社会における

高齢者の活動不足、介護の人材不足に

今までの介護の現場で培った経験力を活かし

皆様が笑顔になる

アクティビティケアサービスを提供します。

いらっしゃいませ!! お忙しい中来ていただきありがとうございます!


わらうかどのアクティビティケアサービス


おやつづくりサロン

介護福祉士、調理師、介護食士の資格を持つアクティビティインストラクターが実施する、高齢者の方を対象にした、出張「おやつづくりサロン」です。

調理道具から材料まで全て準備し「料理アクティビティ」で高齢者の方の心と体をケアをします。

 

 




Hatteco®ゲームセット

カレンダーをゲーム感覚で作るセットです。手指や脳、目の筋肉の血流を促進する機会になります。

介護老人保健施設や認知症グループホーム、高齢者サロンなどのレクリエーションやリハビリに使われています。

 

「のり」だけご用意いただければ楽しい創作時間が入居者様にご提供できます。

 




わらうかどのコンセプト


つくると笑顔になるアクティビティケアは、ご本人、その周りの方たちの笑顔もつくり出します。

つくることをあきらめない

「病気になっても」「体が不自由になっても」

「年齢を重ねて出来ない事が増えても」

「つくることをあきらめない」。

 

 いくつになっても、

「夢中になる時間」「仲間とときめく時間」

「思い出の中にいる時間」。。。

 

全ての人が笑顔あふれる超高齢社会になることを「わらうかど」は願っています。



わらうかどは介護福祉士の想いから生まれました


「出来ない」あきらめ

高齢になると、筋力の低下や病気などが原因で出来ない事が多くなります。「縫い物ができなくなった」「塗り絵ができなくなった」「年だからしょうがない」という声。

 

あきらめが活動する機会を少なくし、機能低下も招きます。

慢性的な人手不足

日本は少子高齢化に伴い、介護の現場だけでなく多くの業種が人手不足に陥ってます。

 

人手が足りないためスタッフに負担がかかり、スタッフがやめてしまう、それをフォローする…そんな悪循環の現場になっていませんか?

人手不足のあきらめ

人手不足な介護の現場では、基本的なケアで手一杯になりお客様の「活動」(レクリエーションなど)のケアまで手が回らないことも。

 

「活動したいけど、スタッフは忙しいからしょうがない…」とお客様はあきらめていませんか?


スタッフは忙しい!!!!

介護施設での業務は毎日多忙!!

特にアクティビティの準備は時間がかかる!!

 

 「工作」では材料の調達など、1~3時間以上「おやつづくり」は企画、試作、材料・道具の調達などの準備に約7時間以上!!かかることも。スタッフは夜勤の合間、夜勤明け、業務終了後、休日などにアクティビティの準備をしていませんか?

スタッフがお客様と向き合う時間を

忙しい業務の中、「もっとお客様のペースに合わせてケアをしたい!」「時間をもっとケアの向上に使いたい!」と思っているスタッフも多いのではないでしょうか?

 

スタッフのアクティビティにかかる時間を減らし、お客様と向き合う時間、介護技術を磨く時間を増やし、その分、お客様に合わせたケア、向き合う時間にしませんか。

介護の仕事を誇りに

お客様とじっくり向き合うことで、その方の「希望を叶えること」笑顔をいただくこと」「”幸せ”と言っていただくこと」が多くなります。

 

その言葉や笑顔は介護の仕事に「やりがい」と「誇り」をもつことが出来、介護技術も磨くことが出来ます。介護のプロが活躍できるようお手伝いすることが「わらうかど」の使命です。


想い

介護福祉士、調理師、介護食士の資格を持つアクティビティインストラクターが、今まで出会ってきた高齢者の皆様との出会いと経験を生かし、お客様に安心して、笑顔で「幸せ」と言っていただけるアクティビティを一生懸命実施します。 

環境保護

Hatteco®ゲームセットはPEFC森林認証紙や間伐材紙を使用し、過剰な包装はせず全て紙リサイクル、ゴミをだしません。「持続可能な森林の保護」に貢献します。

ゴミの分別作業も無く、スタッフの時間の効率化をサポートします。

 

 

輪・環・和

わらうかどは「世の中は、優しさも自然環境も循環している」と考えています。人や自然へ思いやりを持った行動と、つながり・仲間の「輪」を大切にして、それによって社会が「和み」「平和」「和(プラス)」になることを願っています。